ブライトエイジ化粧品 成分

ブライトエイジ化粧品の4つの成分を教えます!

ブライトエイジ化粧品はエイジングケアする今話題の化粧品です!ブライトエイジ化粧品は効果が期待できるだけでなく、すぐに実感できるのです。このブライトエイジ化粧品の成分は4つの成分で配合されているのかご存じですか?秘密の理由をお伝えします!

 

ブライトエイジ化粧品の4つの成分

 

ブライトエイジ化粧品の4つの成分である大きな役割であるのが「保湿成分」です!この保湿成分が抜群に高いのです。

 

保湿成分に含まれているアーティチョークエキス、イシゲエキス、パチンテチン、ヒバマタ、マリンエスラチン等は聞きなれない方が多いかもしれませんが、しっかりと美肌をつくる美容成分です。そし聞き覚えのあるコラーゲンミックスもしっかり含まれた保湿成分が美を導きます!

 

角質層を潤すNMF成分とは?!

 

ブライトエイジ化粧品は保湿成分の中でもさらに細分化された角質層のNMF保湿成分があります。この成分は実は角質層の水分がなくならないように重要な働きをかけています!

 

角質層とは皮膚の一番上の層にあり、厚みは0.02ミリの層の薄さではありますが、そこには活動していない20層ほどの重なり合う細胞があり、その細胞との間にNMFが存在します。ブライトエイジ化粧品に含まれるNMF保湿成分はこの角質層の水分保持機能を司る大切な、なくてはならない成分です!

 

NMFは天然保湿因子とも言われていますが、水分の吸湿性と保湿性にとても優れており、角質層の水分保持機能を担う重要な役割の成分です。肌の調子が悪かったりする原因もこのNMFの成分が減ることにより起こる現象です。ブライトエイジ化粧品に含まれるNMF保湿成分は非常に大切な役割があることがわかりましたね。

 

角質層を潤すもう一つの細胞間脂質とは?!

 

ブライトエイジ化粧品にはNMF保湿成分と並び、角質層の水分保持機能を担う重要な役割の成分がもう一つの「細胞間脂質」です。ブライトエイジ化粧品には「細胞間脂質保湿成分」が含まれているので角質層にしっかりと水分を届けることができるのです!

 

細胞間脂質もNMFと同じ細胞間に位置していいます。活動を停止している20層もの間の細胞間にあるのがこの細胞間脂質と先ほどのNMFです。細胞間脂質保湿成分は細胞と細胞が?がれないようにし、水分の蒸発を防ぎ水分をつなぎとめ重要な役割をしているのです。

 

年齢とともにこのNMFと細胞脂質は減少し、肌が乾燥しやすくなります。そこでブライトエイジ化粧品に含まれるNMF保湿成分と細胞間脂質保湿成分で補う必要があるのです!

 

ブライトエイジ化粧品の独自成分のトラネキサム酸は美白効果がある?!

 

最後に、ブライトエイジ化粧品のオリジナル成分であるトラネキサム酸は美白有効成分としても効果が期待できます!年齢とともに疲れが顔にでて、明るさを取り戻したい!という方にはおすすめです。トラネキサム酸は年齢肌炎症が起こす炎症性物質を防御する効果があり、乾燥やくすみやハリの低下を抑えてくれる働きがあり効果が絶大です!

 

ブライトエイジ化粧品は美容成分がたっぷり凝縮された化粧品であることがわかりましたね。しっかりと美肌をつくるブライトエイジ化粧品は肌トラブルを抱えた女性にはすぐに試してもらいたい化粧品です。必ず、満足と納得のゆく効果が得られますよ!

 

>>ブライトエイジ化粧品の最安値はコチラ