乾燥肌 クレンジング

乾燥肌におすすめのクレンジングとは?

乾燥肌の方はクレンジング選びが大切です。クレンジングというのは、もともとどんなものでも肌へのダメージがあります。

 

乾燥肌の方は、肌の水分保持力が低下しています。とてもデリケートな状態になっていますので、クレンジングをすると、更に悪化する可能性があります。乾燥肌の方はダメージを減らすために自分に合ったクレンジングを選びましょう。

 

乾燥肌のクレンジング選びのポイントは?

乾燥肌に良いクレンジングを選ぶ時のポイントをご紹介しましょう。

 

まず、肌に優しいタイプを選びましょう。乾燥肌の方は肌の水分保持力が低下しています。肌に優しいクレンジングを選びましょう。

 

クレンジングクリームは、クリームタイプです。肌に優しくて、乾燥肌にはおすすめです。クリームのおかげで、指が肌を直接こすることを緩和してくれるのです。油分が含まれているので、クレンジング後も乾燥を緩和してくれます。デメリットは、メイクが落としにくく、馴染むまでに時間がかかり、べたつきやすいところです。

 

クレンジングミルクは、ミルク状で滑らかです。洗浄力が弱く、肌へのダメージが少ないので、乾燥肌におすすめです。デメリットは、乳化するまで時間がかかり、洗浄力が弱く、しっかりしたメイクが落としにくいことです。

 

手の平で温めてから使いましょう。そうすることで、メイクや皮脂を落としやすくします。

 

クレンジングジェルは、ジェル状で、肌への摩擦が抑えられて、ダメージが少ないです。吸着性が良くて、肌に馴染みやすいので、メイクが落としやすくさっぱりとした洗いあがりです。

 

肌質に合わせて、油性と水性を選べます。デメリットは、油性は洗浄力が強いことと、水性はポイントメイクが落ちにくいことです。

 

クレンジングオイルは、オイルタイプで、メイクが一番落としやすいです。油性の汚れに馴染み、しっかりメイクも簡単に落とせます。デメリットは、洗浄力が強くて肌にダメージを与えやすくなります。乾燥肌の方は注意が必要です。

 

植物性油を使用したクレンジングオイルは、洗浄力は少し落ちますが、肌への負担が軽くなります。肌に残りやすいので、肌トラブルの原因になりますので、洗い残しがないようにしましょう。

 

界面活性剤が入ったクレンジングは、洗浄力がとても高いので、メイクはよく落ちますが、乾燥肌の方には刺激が強いので、低刺激のものを選びましょう。

乾燥肌のクレンジングの方法

クレンジングの方法が間違っていると、肌へのダメージを与えます。乾燥肌に負担をかけないためのクレンジング方法をご紹介しましょう。

 

まず、クレンジングの順番です。手を洗い、清潔にしてからクレンジング剤を手の平にのせます。額・両頬・あご・鼻にクレンジング剤をおきます。

 

Tゾーンは皮脂が多いので、指の腹で円を描くように馴染ませましょう。頬・目元・口元・あごにも馴染ませます。少量の水で乳化させ、顔全体に馴染ませます。そしてぬるま湯で洗い流しましょう。清潔なタオルで優しくふきとります。洗顔をしましょう。