乾燥肌 かゆみ

乾燥肌のかゆみの原因は?

乾燥肌は慢性的なかゆみに悩まされて、ストレスが溜まっている方も多いと思います。乾燥肌でかゆみがでる原因はなんでしょうか?乾燥肌の方がどうするとこのかゆみから開放されてストレスがない生活ができるようになるのでしょうか?かゆみの原因と解決法をしらべてみました。

 

乾燥肌のかゆみの原因

乾燥肌のかゆみは何が原因なのでしょうか?

 

乾燥肌の肌の水分現象が原因です。乾燥肌は、皮脂やセラミドといった脂質が肌から現象します。そして、肌の中にある水分量が減少していきます。水分・脂質量が減るとお肌を守ってくれるバリア機能が低下し、刺激に弱い状態になっていきます。

 

乾燥肌が刺激されると、かゆみを感じてしまいます。髪の毛が肌に触れるだけでもかゆみを感じるようになります。また、普段使っていた化粧品でも刺激として感じるようになり、かゆみを感じます。

 

細菌が増殖することによってかゆみを伴います。乾燥肌は、お肌のPH値が弱酸性からアルカリ性に変わっていきます。そうなると、細菌が増殖して、それが原因でかゆみがおこります。

 

乾燥が進むと、肌老化にもつながります。そして、しわやたるみの原因となるのです。かゆい部分をかきむしることは避けましょう。かくことで、さらにかゆみが増すことになってしまいます。

かゆみの対策は?

乾燥肌のかゆみにはどんな対策があるのでしょうか?

 

かゆみを抑えるためには、クリームや塗り薬を活用しましょう。消炎作用が含まれたクリームを使うと、身体の内側からかゆみを鎮めることができます。

 

ビタミンE、尿素、抗ヒスタミン剤、セラミドが配合されたクリームを選ぶと乾燥肌のかゆみに効果が期待できます。その他にも、保湿成分や血行促進作用があるものだと更にいいですね。

 

乾燥肌のかゆみを根本から解消するにはどうしたらよいのでしょうか?そんなときには、日常の過ごし方に気をつけてみましょう。

 

まず、自然素材でできた洋服を選ぶようにしましょう。衣服は、ずっとつけていますので、素材が肌に刺激を与えやすいと、かゆみを促進してしまいます。

 

ウール、化学繊維は、チクチクと感じますので、乾燥肌に刺激を与えてしまいます。コットンやシルクといった自然素材でできたものを選ぶようにしましょう。枕や布団も同様です。

 

入浴時間も注意しましょう。長時間入浴すると、肌の保湿成分が洗い流され、刺激を感じやすくなります。乾燥肌の方は長時間の入浴は避けましょう。

 

40度以上の熱いお湯につかると、肌の保湿成分をながしてしまいます。40度以下のお湯で、20分以内にあがるようにしましょう。

 

身体はごしごし洗わずに、やさしく洗いましょう。肌に優しいブラシやタオルで洗い、入浴後も自然素材のバスタオルでやさしく拭き取りましょう。

 

入浴後には、保湿成分が入った化粧水やクリームでスキンケアをしましょう。こうすることで、乾燥肌がだいぶん改善されてくることでしょう。

 

乾燥肌には日常の生活に気をつけたりクリームを塗るのが効果的ですが、「ブライトエイジ化粧品」もおすすめです。