乾燥肌 ニキビ

乾燥肌のニキビ対策とは?

ニキビというと脂性肌の方ができるというイメージですが、乾燥肌の方でもニキビができることがあります。なぜ、乾燥肌は脂分が少ないのにニキビができるのでしょうか?乾燥肌なのにニキビに悩まされている方のために、原因と治し方をお調べしました。

 

乾燥肌でもニキビができる原因は?

ニキビの原因というと、毛穴に皮脂がたまってしまい、毛穴がつまるためにおこります。脂性肌の方は毛穴がつまりやすくて、ニキビができやすいです。

 

乾燥肌は、皮脂分泌が少ないので、角質層の水分が蒸発してしまいます。水分がなくなった角質は、毛穴も細くなり、ほんの少しでも皮脂がつまってしまうのです。乾燥肌も脂性肌と同じく皮脂がつまることが原因です。

 

乾燥ニキビには、たっぷりと水分補給をして、皮脂膜をしっかりと作ってあげましょう。水分と油分のバランスが大切です。

 

お肌の角質層の働きを正常に機能させることが重要です。いくら保湿をしたいからとクリームばかりつけていると、皮脂膜を作る力を弱めてしまいます。クリームに含まれている界面活性剤が皮脂膜を溶かしてしまい、角質層を傷つける可能性もあります。このようになると、乾燥ニキビができやすくなりますので注意しましょう。

 

おすすめなのは、肌細胞の栄養源に近い成分でできたパックをすることです。ダメージを受けた角質層をじっくりと整えましょう。その後、同じ成分でできたノンオイルローションを塗って、お肌をしっかりと保湿します。

 

また、乾燥ニキビの原因には、洗顔があります。洗顔料が界面活性剤が入った刺激の強いものを使っていたり、クレンジングオイルを使っていると必要な皮脂まで落としてしまい細胞を破壊してしまいます。

 

洗顔方法や回数も原因になります。1日に3回以上洗顔をしたり、ごしごしとこするような洗顔をしていると乾燥肌の原因になりますので注意しましょう。このような行動が日々積み重なると、乾燥肌になり、乾燥ニキビに悩まされてしまいます。

乾燥ニキビはどうやって治すの?

乾燥ニキビが出来てしまったら、普段のスキンケアから見直してみましょう。

 

洗顔をする時に、あまり泡立てないで洗顔をすると、乾燥肌には刺激が強すぎます。角質層を傷つけてしまいますので、必ずしっかりと泡立てて洗顔をしましょう。洗顔ネットを使用すると、泡立てが簡単にできますのでおすすめです。

 

洗顔は、1日に3回以上はしないようにしましょう。どうしてももっと洗顔をしたいという時には、洗顔料を使わないで水だけで軽く洗い流しましょう。

 

洗顔後には、界面活性剤が入った化粧水を使わないようにしましょう。しっかりと化粧水で水分補給をして、乳液で水分が蒸発しないようにフタをするようにしましょう。

 

飲み物を飲んで、体内から水分補給をすることも意識をしてしましょう。また、生活習慣が乱れないように、規則正しい生活を心がけるのも大切です。水分補給をしっかりすることを意識しましょう。

 

クーラーや暖房に長時間あたっていると、乾燥ニキビができやすくなります。肌の表面が乾燥するのが原因なので、水分補給をしっかりとするようにしまhそう。

 

乾燥肌の方に特におすすめしたいのが、「ブライトエイジ化粧品」です。