乾燥肌 洗顔

乾燥肌におすすめの洗顔方法とは?

乾燥肌の方には、洗顔料の選び方は大切です。洗顔が原因で、乾燥肌を悪化させてしまう場合もあります。乾燥肌の方は、洗顔方法を見直して、肌に合った洗顔料を選ばなければなりません。

 

乾燥肌におすすめの洗顔とは?

乾燥肌の方は、洗顔の後の乾燥が気になりますよね。そんなに時間がたっていないのに、肌がつっぱり、ごわつきを感じてしまいます。そんな乾燥肌にはどのような洗顔がおすすめなのでしょうか?

 

洗顔料には様々な種類があります。乾燥肌で悩んでいる方は洗顔料を変えてみるのもおすすめです。自分にあったものを選びましょう。

 

乾燥肌でお悩みの方は、ニキビ用の洗顔料や、脱脂力の強い洗顔料を使用していませんか?乾燥肌の方は、乾燥しているだけではなく、ニキビができていたり、皮脂がたくさん分泌されていて、テカッていたりします。

 

そのために、ニキビ用の洗顔料を使っているかもしれませんが、乾燥肌が悪化して、ニキビが増えて、顔が更にテカッてしまいます。脱脂力の弱い優しい洗顔料に変えてみましょう。

 

乾燥肌の原因は、スキンケアの際に保湿が不十分だったり、水分を与えすぎたりするのが原因です。洗顔をしすぎるのも原因の一つです。

 

朝晩2回の洗顔や、クレンジングと洗顔をダブルですることにより、皮脂や水分が洗い流されて乾燥を引き起こす可能性があります。

 

洗顔をする時にごしごしと洗うことで、肌のバリア機能を破壊し、乾燥肌を悪化させます。余分な皮脂、水分が洗い流され、バリア機能が壊れ、水分が保てなくなります。

 

乾燥肌を改善させるために、洗顔を見直しましょう。しっかりと泡立てるようにして、泡の力で洗顔をするようにしましょう。力を入れずに、優しく指先でマッサージするように洗います。

 

Tゾーンは皮脂が多いので、Tゾーンから泡を乗せていって、頬、目、口といったところは乾燥しやすいので最後に乗せましょう。

 

顔に泡を乗せている時間を短くし、すすぎを20〜30回しましょう。ぬるま湯ですすぎ残しがないように洗います。その後、タオルで優しく水滴をとりましょう。

 

保湿成分が入っている洗顔料を選び、肌に優しい成分でできている洗顔料を使用しましょう。

 

乾燥肌が悪化して、洗顔がしみる場合には、一時的に洗顔料を使わないようにしましょう。洗顔料が刺激になってしまう場合もあります。洗顔料を使用しないで、水だけで洗顔をしたり、アルコールが入っていない拭き取り化粧水を使って拭き取りをしましょう。

 

だんだんと肌荒れが治ってきたら、無添加石鹸で皮脂の落としすぎに注意しながら洗顔しましょう。

 

洗顔前には、手を清潔にして、洗顔料を片手いっぱいに泡立ててTゾーンにのせていきましょう。優しくマッサージをするように洗顔しましょう。

 

肌荒れがひどい場合には、洗顔後のスキンケアに力を入れましょう。セラミドが配合されているものを選ぶと、肌の水分をキープしてくれる働きをします。

 

このような乾燥肌におすすめなのが、「ブライトエイジ化粧品」です。乾燥肌でお悩みの方は是非、使ってみて下さい。