シミ ハイドロキノン

シミを消すならハイドロキノン?【濃度がポイント!】

シミ消し効果が絶大とハイドロキノンが評判になっています。しかし闇雲にシミにハイドロキノンを塗ればいいかといえばそうでは無いようです。あまり濃度が高すぎると刺激が強すぎて逆効果となることもあるようです。

 

ハイドロキノンについて正しい知識をつけて最大限の効果でシミを消して綺麗な美白肌を手に入れましょう。

 

ハイドロキノンとは?

シミ消し効果で話題のハイドロキノンなのですが、そもそもどのようなものなのでしょうか?ハイドロキノンとは漂白作用がある成分として日本ではその管理が難しいと言うことから長い間医療機関のみで取り扱われていたのです。

 

ハイドロキノンの効果の凄いところはメラニンの生成を抑制する働きがあり、そもそもシミができてしまうことを予防する効果があると同時に既にできてしまったシミに対しても解消する効果があるのです。

 

ハイドロキノンは実は麦芽やイチゴ、コーヒーなどにも含まれている成分で酸化を抑える還元作用というものがあります。そして写真の現像液にも使われている成分なのですが、現像している人の手が白くなったことから漂白効果が注目されて美白業界で使われるようになったのです。

シミができる理由は?

ハイドロキノンでシミの予防ができることはわかったのですが、それではシミはどのようなメカニズムでできるのか理解していきましょう。

 

シミができるメカニズムは次の通りです紫外線に代表される肌に対する外部からの刺激によって情報伝達物質であるプラスミンやプロスタグランジンが発生します。そしてそれらの物質がメラノサイトにメラニンを生成するように働きかけをします。

 

そうするとメラノサイトにあるチロシンという成分をメラニンに変える動きが起きます。そのメラニンがメラノサイトに溜まってケラチノサイトに渡され蓄積していくことで色素が沈着してシミとなっていくのです。

 

ハイドロキノンはこのメカニズムの中でメラノサイトの活性を抑えたり、メラニンに生成を抑えることでシミの発生を予防し、酸化を抑える還元作用で酸化してしまったメラニンを還元して色素沈着を薄めシミを無くす作用があるのです。

ハイドロキノンの選び方

シミで悩んでいる人はすぐにでもハイドロキノンを使ってみたいと感じていると思いますが、焦らないで下さい。正しい選び方にはポイントがありますので次のような事に気をつけて選ぶようにして下さいね。

 

ハイドロキノンを選ぶ場合に重要視するポイントは濃度になります。この濃度については市販で購入する場合は3%以下のものを選ぶようにして下さい。

 

中には1%などの非常に低レベルのものもありますが、ここまで低いと肌への刺激は少ないのですが、効果や即効性も低くなりますので理解して購入するようにして下さい。

 

逆に5%以上の濃度のものは副作用が強くなりますので必ず医師の診断の元処方された場合のみ使用するようにして下さい。病院で処方していれば副作用が出た場合にも適切な処置を速やかに受けられますので安心だと思います。