シミ 医薬品

シミを取り除くのに医薬品と医薬部外品の違いは何?

シミのケアを自分でしようと思うと医薬品と医薬部外品があってその違いが何なのか迷いませんか?シミと向き合うに当たっては医薬品と医薬部外品の違いをしっかりと認識して使う事が大事です。気になるシミ用商品の医薬品と医薬部外品の違いを調べてみましたので参考にして下さいね。

 

医薬品とは?

シミをセルフケアでなんとかしようと思うと1番身近に感じるのがスキンケア商品なのですが、その中に医薬品と医薬部外品があり、どちらを選んだ方がいいのか迷いますよね。選ぶときの参考としてその違いを調べてみました。

 

医薬品とはシミを具体例にするとシミを消してくれる成分が入っているスキンケアのことを言います。その成分は医者のみが取り扱いできる成分の為、医薬品のシミケア商品は実は美容クリニックや皮膚科など専門の医療機関のみでしか購入することができないのです。

 

そして医薬品の目的は病気の治療や予防に使用されることとなっていて厚生労働省からその有効成分の効果や効能が認められているものだけとなっているのです。そして更に医療用医薬品と一般用医薬品と分けられより細かな分類があるのです。

 

医薬部外品とは?

医薬部外品と呼ばれているものは一言でいうと病気の予防を目的として作られているものとなります。医薬品は治療を目的としているところから比較すると明らかに目的に違いがあるのです。よってシミのスキンケアにおける医薬部外品はシミの予防の範疇を超えないレベルというのが一般的となります。

 

薬事法上にもそのことは明確に記載してあり医薬部外品は、その目的が大きく制限されているのです。その目的とは吐き気その他の不快感または口臭若しくは体臭の防止、あせも、ただれ等の防止、脱毛の防止、育毛または除毛となっているのです。

 

その中でも薬用化粧品等は、主にシミに対する薬用効果や予防等の効果があると言われる化粧品なのですが医薬部外品とはっきり書かれているものもあるのです。

医薬部外品として認められている美白成分は?

美白成分をうたっているスキンケア商品は数多くありますが、その中でも美白効果が高いと厚生労働省から認められているのが医薬部外品として認可されている成分なのです。

 

医薬部外品と表示がある場合にはその成分が一定濃度配合されていて美白効果が期待できる商品なのです。きちんと病院にいって医薬品を手に入れるならことが、1番効果が高いとは言えますが、市販で入手する場合にはこの医薬部外品かどうかを基準に選べば間違いが少なくて済むと思います。

 

医薬部外品として認められているのがシミ対策の美白成分は、ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸、エラグ酸、ルシノール、リノール酸、カモミラエキス、トラネキサム酸、マグノリグナン、プラセンタエキス、4MSKなどが代表的なものとなります。