シミ 紫外線 原因

シミの原因は紫外線だけ?

シミが出来てしまう原因としては紫外線が有名なのですが、その他にも原因となるものがあるのではないでしょうか?実は紫外線以外にもシミの原因となるものは多々あるようです。気になる紫外線以外のシミについて調べてみましたので参考にしてみて下さい。

 

ホルモンのバランスの崩れ?

紫外線以外にシミが出来る原因としてホルモンバランスの崩れによる物があり、そのシミは肝斑と呼ばれ加齢によって目立つようになってきます。肝斑が出来る部位は主に顔で額や頬、目の周りのくぼみの下あたりや口の周りなどに出来る事が多いようです。

 

出来てしまうと色が淡い褐色のものから濃いものまで様々あり形についても色々となります。

 

ホルモンバランスの乱れによってシミが出来る場合は、その乱れからメラニン色素の分泌が促進されたり、メラニン色素が拡散される事などから非常に目立つようになっていってしまいます。そしてその時の特徴としては境目がくっきりとしていてほぼ左右対称にシミが出来てしまう事なのです。

 

このシミの原因となるのがホルモンバランスの為、発症は女性に多く妊娠時や生理不順、ピルの服用時などに特に現れやすいようです。そしてこのような時に出来たシミは出産が終わったり、閉経などホルモンバランスが落ち着きを取り戻すとともに薄くなるようです。

 

注意する事はこのシミの原因は紫外線ではありませんが、紫外線によってシミの色は濃くなってしまう可能性があるので必ず紫外線対策を行う事とターンオーバーの機能を正常に働かせる為にスキンケアをしっかり行う事が重要なのです。

ストレスや炎症よってもシミができる?

シミが出来る原因の一つにストレスがあると聞いたらびっくりしませんか?実は精神的ストレスの影響でシミが出来てしまう事があるのです。人間はストレスを受けると脳の視床下部を刺激するようになります。

 

そして刺激されるとストレスに対抗する為にホルモンが分泌されるようになるのです。この時に分泌されるホルモンが実はストレスに対抗するだけでは無くメラニン色素の分泌も同時に促してしまいシミとなって行ってしまうのです。

 

そして更には炎症が原因でシミが出来てしまう事もあるのです。その理由はアレルギーや毒性のあるような成分に皮膚が触れると皮膚は過敏に反応する事になるのです。

 

そしてその時に接触性皮膚炎を起こしてしまい、その炎症を起こした身体はその皮膚を守ろうとして大量のメラニン色素を生成してしまうのです。

 

その炎症が短期間ならば通常のターンオーバーの期間で元に戻ってしまうのですが、長引いたり、他の肌トラブルなどと重なるとメラニン色素が過剰になってしまい結果シミになってしまうのです。

 

このメカニズムはニキビなどの跡が長い間炎症を起こしているうちに色素が沈着してしまいシミになってしまうものも含まれているのです。

実はこんな事も原因に?

紫外線以外が原因となるシミなのですが、中にはこのようなものも原因になるの?と驚くような思いもよらない原因もあるのです。その内容は皮膚に対する物理的な刺激と言われ代表的なものとして圧迫、摩擦、高温や低温が原因と考えられています。

 

圧迫や摩擦としては代表的なものとして言われているのがマッサージで顔を洗ったり、エステなどでマッサージを受ける時に通常よりも強い力が加わる事で肌には刺激となってしまう事が良くあるのです。特にナイロンタオルなどは刺激が強く原因となる事が多いようなので気をつけるようにして下さい。

 

この原因はほとんどが些細なことの為、気をつけようと思っても中々大変ではあるのですが、シミが出来やすい体質の人は実は気付かないうちにこのような刺激による原因でシミを作ってしまっているケースもあるので注意が必要です。