シミ 種類

シミと言っても色々種類がある?【セルフケアが大事!】

シミは加齢とともに気になるものなのですが、実は色々な種類があるようです。シミの原因と言ってもその種類によって様々なので対策も変わってくるはずです。気になるシミの種類について調べてみましたので参考にしてみて下さいね。

 

代表的なシミの種類

シミはいくつも種類がありますが、その代表的なシミについてみていきましょう。最初はシミの中でも最も多いと言われている老人性色素斑です。このシミの原因は紫外線で主に頬骨の高い所やコメカミなどにできやすいと言われています。

 

大きさは数mmから大きいと数10mmとなり形は丸く平坦である事が特徴のようです。

 

そして次に30〜40代の女性によくみられるシミが肝斑と呼ばれるものです。頬骨や鼻の下、額などにできるシミで特徴としては左右対称にできて濃淡が均一なシミができます。妊娠中やピル服用時によく見られ閉経とともに消える傾向があるので女性ホルモンが原因となっていると言われています。

 

そばかすもシミのひとつとしては有名で鼻を中心として顔全体に小さな斑点が散らばるようにできてしまいます。主にそばかすの場合は遺伝性が強いと言われていて小学生くらいになると出てくることが多いようです。形としては不規則で米粒大のものもあるようで色は淡褐色であることがほとんどです。

シミはなぜできるのか?

シミができる原因は遺伝などで生まれつきの体質のものもありますが、殆どが、紫外線が原因でできてしまうと言われています。人間の皮膚は紫外線が当たるとケラチノサイトという角化細胞に異常が発生してしまうのです。

 

その時に細胞の中にある核が紫外線に攻撃されると核の中のDNAが破壊されてしまい変異したり、細胞そのものが死んでしまうのです。また最悪のケースとしては皮膚癌が発生してしまうのです。

 

そのような状況から皮膚を守る為に行われるのが紫外線の被害が皮膚の細胞核に届かないようにする為にメラニン色素を発生させてブロックをするのです。そして本来はその役割を果たし終えたメラニンはターンオーバーという仕組みによって角質とともに垢となって排出されていくのです。

 

しかし異常なまでにメラニンが作られるとターンオーバーと共に排出することが出来ずに肌に残ってしまい、これが大元となってシミとなっていってしまうのです。

シミの予防や対策

シミには種類があり主な原因は紫外線なのですが、対策は種類によって違いがあるようです。老人性色素斑の対策で1番重要なのは、なんといっても紫外線対策です。

 

簡単な紫外線対策としては日焼け止めやUVカットのクリームを塗って外出するときは長袖、長ズボンを着用し、日傘なども併用することが大事です。

 

肝斑についても原因は女性ホルモンと言われいますが、症状を悪化させてしまうのでは紫外線や皮膚に対する摩擦などとなります。肝斑が出来てしまった時に有効なのがトラネキサム酸という成分なので試してみて下さい。

 

そばかすについては遺伝性が多いので予防をしていても出来てしまうのですが、これ以上そばかすを濃くしない為にもやはり紫外線対策をしっかりとしておくこことが大事なのです。

 

シミについては出来てしまうと消すことが中々大変なのですが、日頃からの紫外線対策とクリームなどによるセルフケアで結果は大幅に違ってきます。