トラネキサム酸 副作用

トラネキサム酸に副作用ってあるの?

トラネキサム酸に関しては、厚生労働省にも認定された美白効果が有名ですが、副作用はないのでしょうか?もしもトラネキサム酸に副作用がある場合は、ちょっと気を付けたいですよね。

 

特に、肌が敏感肌の場合はトラネキサム酸を使うことで副作用が出やすくなってしまってはいけません。ここでは、トラネキサム酸を使用すると副作用が起こる危険性があるのかどうか、確認してみました。

 

トラネキサム酸で注意したい副作用

トラネキサム酸の副作用については、実は4つ程注意したい副作用があるのです。一体どんな副作用でしょうか?

血液凝固

トラネキサム酸には、血液を固まりやすくする作用があります。

吐き気

胸がムカムカして、気持ちが悪くなる状態です。

嘔吐

実際に吐いてしまう状態です。

食欲不振

上記のような症状が出ることにより、食欲が低下する状態です。

 

以上の4点が、トラネキサム酸で気を付けなくてはいけない副作用になります。口から摂取することで起こる副作用が多いですね。

 

トラネキサム酸で副作用が起こりやすい人

トラネキサム酸を摂取すると、上記のような副作用があることが分かりました。では、このような症状が出やすくなりやすい人はどんな人なのかご紹介いたします。

  • 妊娠中の人
  • 心筋梗塞を患ったことがある人
  • 脳梗塞を起こしたことがある人
  • 血液性静脈炎を起こしたことがある人

 

妊娠中の人以外は、血液に関係することが分かりますね。では、このような人がトラネキサム酸を使用したい時にはどうしたらいいのかというと、トラネキサム酸を使う前に、かかりつけの医師に相談をした許可を得てから使用するようにしましょう。

 

また、トラネキサム酸はサプリメントだけではなく、化粧品の中にも最近はよく含まれています。そのため、トラネキサム酸が含まれている化粧品についても上記の副作用が出る人に当てはまる方は注意が必要です。

トラネキサム酸の副作用が起こる頻度

では、このトラネキサム酸の副作用ってどのくらいの頻度で起こるものなのでしょうか?結構頻繁に副作用が報告されている場合は、ちょっと恐いですよね。しかし、トラネキサム酸の副作用は比較的少ないと言われています。

 

そのため、サプリメントなどでも用法用量を守って摂取していれば、基本的には問題はありませんので安心してくださいね。

トラネキサム酸の副作用に関するまとめ

トラネキサム酸の副作用については、4つ副作用の危険があることが分かりました。では、4つの副作用とは何かというと、「血液凝固」「吐き気」「嘔吐」「食欲不振」でした。

 

トラネキサム酸の効果として、血液を固める効果がありますので、
・妊娠中の人
・心筋梗塞を患ったことがある人
・脳梗塞を起こしたことがある人
・血液性静脈炎を起こしたことがある人
は使用する前にかかりつけの医師に相談することが必要です。

 

ただ、トラネキサム酸の副作用については比較的少ないですので、上記の疾患があったち妊娠中でない場合は基本的には安心してください。